成人式に振袖を着たときにちょっぴり後悔したこと

 

成人式に振袖を着たときにちょっぴり後悔したこと

 

今の時代、着物を着る機会というのはとても少なくなっています。
お茶やお花などを習っているだとか、着物が好きで着付け教室に通っているとでもいうような方でもないかぎり、着る機会というのはなかなかないものです。
そもそも自分で着付けができるという方はどれくらいいることでしょう。
昔の日本人は自分で着ることができていたのに、今の時代の日本人の大半は着ることすらできないのではないでしょうか。
しかし日本人が着物を着る機会が全くなくなったというわけではありません。
普段は着なくても、人生の節目の重要な行事においてはあえて着物が着られていると思います。
その人生の節目といえる重要な行事に、成人式が挙げられるでしょう。
男性は袴姿よりもスーツを選ぶ方が多いですが、女性は圧倒的に振袖を選ぶ方が多いです。
女性の振袖姿はとても華やかで美しく、年齢や立場からずっと着られる物ではないですから成人式には振袖を着るという方が多いのでしょう。
私も成人式には振袖を着ていきました。
そのときの着付けで感じたことや、ああすれば良かったなど後悔したことなどがありますので、何か参考になればと思います。
私は着物をレンタルではなく購入したので、購入先の店が特典として着物の着付けもしてくれました。
その店はこじんまりとした個人の店ではなく、地域に何店舗も店を開いているような規模でしたので、私が購入した店舗でも他に何人も振袖を購入していました。
ということはその人数だけ、着付け会場で同じように着付けをしてもらうことになります。
私の場合は着付け会場の個人間が衝立などで仕切られているようなものではありませんでした。
他の人の着付けの様子というのは思った以上に気になるものです。

あの着物可愛いとか、あの帯の結び方いいなとかついつい見てしまうのです。
なかには舞妓さんのように着物を着て帯を結んでいる個性的な方もいました。
そうなると気になるのは自分はどのように着るか、ということです。
今は個性的な方もいますが、大抵の方は着物自体は普通に着ますよね。
では個性を出すとしたらどこか…伊達襟などはすでに用意している物ですから、あとは帯の結び方ということになります。
私はこの結び方を全く何も考えてきませんでした。
ヘアスタイルなどは入念に考えていたのに、です。
どんな種類の結び方があるのかなんて何も調べず成人式の着付けを迎えたので、着付けの方に「では帯はどのようにしましょうか?」と聞かれて困ってしまいました。
成人式の着付けは人数も多くてスタッフの方たちはハードワークです。
あまり悩んでいられないという雰囲気をひしひしと感じながら、ひとしきり悩んだ結果思いついたのがリボンのイメージだったので、それを伝えました。
着付けのスタッフの方が見かねたのでしょう、リボンでもこんな感じの可愛い結び方がありますよと勧めてくれたので、それをお願いしました。
結果的に想像以上に可愛い結び方になったとはいえ、帯の結び方を全く考えていなかったのは盲点でした。
もし納得のいかない結び方だったら、一度きりの成人式なのに少し後悔が残ってしまいますよね。
友人の中にも帯の結び方は気にしていなかったという人がちらほらといたので、案外見落としやすいポイントなのかもしれません。
さて、着物を着るといよいよ成人式の会場に向かうことになります。
しかし、成人の数が多い市町村では午前と午後の二部制になっていたりして、着付けをしてから成人式まで時間が空いてしまう場合があります。

私も午前が着付けで午後から成人式だったので、それまで家で着慣れない振袖で時間をつぶしていました。
その間は食事を摂ったりお手洗いに行くことになりますが、そうなると気になるのは着物の着崩れです。
私は着崩れしないようにかなり気を使って過ごしていました。
それなのに、です。いざ成人式に出席して式を終え会場から出たら、上前が下がってしまって着崩れてしまっていました。
どうやら着付けの仕方が少しまずかったようで、裾が落ちてしまったのでした。
着付けのスタッフの方たちはこの日は非常に忙しいので、細かいところまで手が回らなかったりどこか甘くなってしまうこともあるようです。
おまけに私は直すスキルも持ち合わせていなかったので、手で上前を持ち上げながら裾がしびかないようにするしかありませんでした。
幸いというべきか、私は二次会に出席するつもりがなかったのでそのまま家に帰りましたが、もし出かける予定だったら直せなくて困ったことでしょう。
着付けは信頼できる方や時間の余裕がある中でやっていただくのが理想です。
また自分でちょっとくらいなら直せるようになれればベストですね。
そして着付けに関してもうひとつ、着付けのときは自分の身体と相手の顔が至近距離に近づく体勢になります。
このとき結構においが感じられるので、気になる方はケアをしたほうがいいと思います。
私の場合、着付けのスタッフの方のにおいが強くて辛かったのが今でも覚えています。
でもそれは相手の方だってにおいが感じられるほど近づいているということなので、自分もにおいがしていないか気にしたほうがいいということだともいえると思います。
着物の中でも振袖を着る機会というのはそうはないと思います。
そして成人式というのは一生に一度しかありません。

成人式に振袖を着る方は、私が挙げたようなことも意識の片隅にでも置いておいて、何かの役に立てていただけたら幸いです。

>>着物を高く買い取ってもらうには?