着物を買い取ってもらえるのは何故?

 

着物を買い取ってもらえるのは何故?

 

着物は日本で古来から着られていたものですが、現在では何かのイベントの時ぐらいしか着ない…という人がほとんどだと思います。たまに着物を着ている人を見ると自分も着たいなーと思うものの、着付けが難しくてなかなか着られませんし、普段着としてはどうしても抵抗を感じてしまいます。

 

 

ご年配の方は割と着られることも多いかもしれませんが、手持ちのもので十分で、そこまで需要は無いのでは?と思います。しかし、その割にはしっかりした値段で買い取ってくれる業者が増えてきたような気がします。

 

 

実は外国人や若者の間での需要が増えてきているのです。特に外国人の方は日本の文化に興味を持たれる方が多く、「THE 日本」という和のものの人気が特に高いです。着物というのは日本を象徴するもので、他の国にはあんなに素晴らしい和のデザインというのはありませんから当然のことかもしれません。

 

 

若者の間では着物をリメイクすることが静かなブームとなっているようです。バッグなどの小物は普段着にも合わせて持ち歩くことができるので人気が高いです。そのようなことから着物に関心を持ち、着付け教室に通う…なんて人も珍しくありません。

 

 

また、日本舞踊や茶道を習っている人たちにも着物の需要は高いです。始める前に揃えておきたい!と思う人が多いのです。

 

 

そして近年、着物は文化財としても希少価値も高くなっています。有名な作家が作った作品やブランドのあるものなどは特に人気が高く、買取価格も高いです。着ずに、コレクション目的で集めている人は多いです。

 

 

このように、着物には結構需要があるんです。そして、買取業者というのは独自の販売ルートを持っているのでしっかり売り切る事が出来、査定額も高くつけることが出来るという訳です。ですから買取と言ってもたいした値段はつかないんでしょ?と思っている人でも、一度査定してもらって、どれぐらいの価値があるのか、見てもらいましょう。

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?