遺品整理などで着物の買取をする時の注意点

 

遺品整理などで着物の買取をする時の注意点

 

そもそも、着物を所有している人は少ないかもしれませんが、では、どのような人が着物を買い取ってもらっているのでしょうか?多くは年配の方がもう着なくなったし…ということで売ったり、遺品整理で譲り受けたけれど、自分では持てないから売ってしまうことが多いようです。

 

 

着物は保存するのに細心の注意を払わないと劣化の原因になってしまいますから、保存するだけでも一苦労なんですよね。収納スペースも多く必要になりますし、着ない場合は手元に置いておくとどうしても負担になってしまうんですよねー。

 

 

状態が良かったり、希少価値の高いものであれば高値で買い取ってもらうことが出来ます。しかし、年代物や汚れがあるものだとなかなか値段がつかなかったりすることもあります。

 

 

ずっとタンスにしまってあった…というものだと購入してから何十年も経っているものが多いので、思うように買い取ってもらえないかもしれませんが、中には値打ち物もあるかもしれませんので、タンスの肥やしにせず、ひとまず査定をしてもらったほうが良いでしょう。

 

 

また、どこでも買い取ってもらえなかったものでも、買い取ってくれる業者はあるかもしれませんので、問い合わせてみるのも良いかと思います。着物の量がたくさんあって、あまり価値のなさそうなものも含まれる場合は、買取プレミアムで訪問買取を依頼するのが良いと思います。

 

 

買取プレミアムの訪問買取は出張費、キャンセル料無料なので、とてもおすすめです。納得いく値段をつけてもらえたら買い取ってもらうようにしましょう。どうしても買い取ってもらえなかった物は、小物にリメイクなどして再利用するのも良いと思います。

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?