高く買い取ってもらえる着物はどういうもの?

 

高く買い取ってもらえる着物はどういうもの?

 

着物、と言ってもピンからキリまであります。高級なものもあれば、とても安いものもあります。また、使っている素材も絹やウール、化学繊維のものまで様々です。では、どのようなものが高く買い取って貰えるのでしょうか。

 

 

まず、有名作家品や工芸品、老舗呉服店の高品質な着物などは査定金額が高くなります。多少状態が悪くても値段をつけてもらえたりします。また、、大正や昭和に作られたアンティーク物も、現在作るのが難しいため査定額は高くなります。

 

 

希少価値が高いもの、質の高いものは着物コレクターの人に特に人気が高いです。自分で着る目的ではなく、コレクションの一つとして持っている人って結構多いんですよ。

 

 

また、着物というのは特別な時、ここぞというときに着る方が多いので、質の良いものを持っておきたいと思う人が多いのです。そうなると、正絹の訪問着などはとても人気が高く、その分査定金額も上がります。

 

 

伝統工芸品などの買取の場合、気をつけなければならないのが「証紙」です。これが無ければ本物かどうかわからないものもあるぐらいで、あるのとないのとでは買取金額に差が出てしまうことがあります。残っている場合はしっかり一緒に持っていくようにして下さい。

 

 

その一方、質の低いものは欲しがる人がほとんどおらず、査定金額が低かったり買い取れなかったりすることが多くなってしまいます。ウールや綿、化学繊維などで出来た着物は、新品で無い限りはなかなか金額をつけられないようです。着物専門の買取業者でも買い取れなかったりします。

 

 

ただ、このような素材で出来た着物でも着付けの練習用などに使う方などがいるので需要が無い訳ではありません。どうしても値段をつけて売りたいと考えている人は、最終手段としてオークションを利用するのも良いかもしません。ただ、あまり値段が付かないことは覚悟して下さい。

 

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?