浴衣や振り袖などは売れるの?値段がつきやすいものはどんなもの?

 

浴衣や振り袖などは売れるの?値段がつきやすいものはどんなもの?

 

着物は普段全然着ないんだよねーという人でも、花火大会などで着る浴衣や、成人式で着る振り袖などは着たことがある人は多いと思います。そしてレンタルではなく、購入した人も多いと思います。

 

 

ただ、買ったはいいけれどなかなか着る場面がないし、柄にも飽きてしまったから売りたい…という人はいると思います。しかし、振り袖や浴衣は買い取ってもらえるのでしょうか?

 

 

まず、振り袖の場合ですが、やはり買取価格は低くなってしまいます。というのも振り袖を着る機会というのは結構限られてしまうからです。未婚女性しか着ることが出来ませんから、成人式に購入したとして、結婚するまでの期間…と考えるとなかなか着られません。

 

 

結婚式などにお呼ばれする機会が多ければ着るかもしれませんが、最近はドレスを着ることが多いですし、その度に違うものを着たいと思う人が多いですから、購入までに至らず、レンタルぐらいで済ましてしまう人が多いのです。

 

 

次に浴衣ですが、こちらはそもそもお値段が安いので買取価格もつけられなかったりします。安ければ普通に新品を買っちゃいますしね。しかも、行く場所が花火大会や夏祭りなどの人混みで汚れやすい場所なのでどうしても傷んでしまうことが多いです。

 

 

でも浴衣なら毎年着る機会がありますし、色んな柄のものをローテーションで着るという感じにして持っておくのが良いかもしれませんね。

 

 

では、どういうものが高く売れるのかと言うと、未婚・既婚問わず、どのような場面でも着ることが出来る訪問着は人気が高いです。着る機会が多いものはレンタルではなく、購入したほうが良いですからね。

 

 

他にも色留め袖や色無地、小紋など未婚・既婚問わず着れるものは人気が高いです。成人式に訪問着を購入する、なんて人も居るぐらいですから、後々のことを考えて成人式=振り袖と考えず、長く使えるものを購入するのは良いと思います。

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?