着物を売ろうか残しておくか…どうすべき?

 

着物を売ろうか残しておくか…どうすべき?

 

折角購入した着物だし、残しておきたいけれど…もう着る機会は無いから売ってしまったほうが良いのかな?と悩んでいる人はいると思います。ハッキリ言わせてもらうと、さっさと売ってしまったほうが良いです。

 

 

何故かと言うと、着物というのは時間の経過とともに価値が下がってしまうものだからです。新品に近い状態のものは高く買い取ってもらえますが、時間の経過とともにどうしても劣化してしまうものです。

 

 

それだったら早く買い取って貰って、少しでも高い値段をつけてもらったほうがお得だと思います。ただただタンスの肥やしになっている期間はもったいないと思いますよ。とても気に入っていて、たまに眺めるだけでもいい、という人であれば良いかもしれませんが、そうでなければきっぱり売ってしまいましょう。

 

着物を売ろうか残しておくか…どうすべき?

 

しかし、祖母や母などから譲り受けた物はどうしても年代物になってしまいますから、そんなに急ぐ必要はなさそうです。形見として大切に保管しておくのが良いかもしれませんね。

 

 

あと、希少価値の高いものは取っておいたほうが良いかもしれません。伝統工芸品や有名作家品、アンティーク品というのはコレクター人気がある上に、市場での出回りが減っていく可能性が高いのでどんどん希少性が高まっていきます。

 

 

価値の高いものであれば、多少傷んでいても高く買い取ってもらえますから、保管して置くのも良いかもしれません。ただ、出来る限り傷まないようにきちんと保存しておくということが大切になってきます。

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?