着物の押し買いには気をつけて!

 

着物の押し買いには気をつけて!

 

着物や貴金属などの「押し買い」というものが問題になっています。押し買いというのは、買取や査定の依頼をしていないにも関わらず、いきなり自宅に来て、無理矢理買取をする、というものです。悪質な業者だと、強引に持ち去ってしまうこともあるそうです。押し売りというのはよく聞きますけど、押し買いなんていうのもあるんですね。

 

 

手口としては、無理矢理部屋に入ってきたり、高圧的な話し方で恐怖心を与えて逆らえなくしたり、言葉巧みに丸め込んで騙すという感じです。そのようにして半ば強引に実際の買取相場よりも安い値段で買い取られてしまいます。しかも契約書など全くなしでさっと帰っていくケースもあるようです。

 

 

着物の場合、譲り受けたものが多かったりしますから、その価値が分からず、提示された値段で売ってしまった…なんてことも多いです。また、長時間居座られてしぶしぶ…なんてこともあったりするようです。酷い場合は認知症の方が居る家を狙って勝手にものを漁る…まるで泥棒のような
輩もいるようです。

 

 

全ての訪問買取の業者が悪い、という訳ではありませんが、アポ無しで来るような業者に対しては対応しないようにしましょう。2013年2月に特定商取引改正法が施行され、不招請勧誘の禁止(消費者からの依頼がなければ訪問買取出来ない)、(買取にも)クーリング・オフの適用、書面の交付義務が定められました。違反した業者はペナルティーが課せられます。

 

 

詐欺師というのはどんなとこからでも狙ってきます。関わらないようにする、ということが大切です。どうしても帰ってくれない、脅された…などの場合は速やかに警察に通報してください。

 

 

着物を買い取ってもらうときは自分から連絡して買い取ってもらうようにしましょう。得体の知れた業者に買い取ってもらうのが1番です。来てもらったにも関わらず、キャンセルすることが出来るところもあるぐらいなんです。しっかりした鑑定士に見てもらって、納得のいく値段で買い取ってもらうようにしましょう。

 

>>着物を高く買い取ってもらうには?