着物とは日本在来の衣服のことです。

 

着物に似合う髪型について

 

日常で着る機会は少なくなりましたが、冠婚葬祭で着たり花火大会や夏のイベントに浴衣を着たり、お茶会などで着用することもあります。

 

そんな着物に似合う髪型を探そうとしても、結婚式や成人式用の派手な髪型ばかりが検索されてしまうことも多いと思われます。

 

入学式や卒業式、お茶会や茶席などのフォーマルな着物にも似合う髪型としては、襟にかからないようにまとめ髪すると上品に見えます。低い位置でお団子にしたり、髪の毛の長さが足りずにまとめられないときには、和装用のヘアピースを被せると良いとされています。髪飾りは何もつけずに光らない黒ピンなどで止めることですっきりとした上品なヘアスタイルとなります。

 

着物に似合う髪型を自分で作りたいと言うときには、全体をアイロンなどで巻いてワックスでセットし、片方に編み込みを作って少しずつ毛束を引き抜いていき緩め、バランスよくヘアアクセサリをつける三つ編みのアレンジ、ロングやミディアムヘアの人は前髪以外の全体を適当に二つに分け、二つの三つ編みをやや片方サイドに少し緩めに作り、これらを適当に巻いてシニヨンしたらピンで留めたら完成となります。この時かんざしなどをさしても着物や浴衣に合います。

 

ショートヘアだからと言う場合のヘアアレンジとしては、全体を内巻きにして襟足をしまい込んだだけでも似合うようになります。アクセントに片方の耳の横にヘアアクセサリーをつければ完成です。

 

ヘアアイロンで全体を緩く巻き、ワックスを髪の全体の内側までつけたら少し高めの位置で髪をねじっていき、ねじった髪をまとめてかんざしを髪の内側部分に通るように差し込むだけでも似合います。

 

あまり派手だと結婚式や成人式のようになってしまいますし、あまり地味なヘアスタイルでは老けて見えてしまう可能性もあります。そのためには、かんざしやヘアアクセサリーなどを上手に取り入れていけば華やかなスタイルになります。

 

着物に似合う髪型について

>>着物を高く買い取ってもらうには?