着物を着る際には出来るだけ身体のくぼみをなくすことで、美しいラインにすることが可能です。

 

着物を着る場合には補正用小物やブラジャー、パットを利用しよう

 

日本人が着物を綺麗に着こなすことが出来るのは、外国人よりも身体の凹凸が少なく、その補正をする手間も比較的少なくて済むためということもあります。ただ、日本人がすべてそういった体型ではないため、補正用小物やブラジャー、補正パットなどを使用することが大切です。

 

この補正用小物にはさまざまな種類のものがあり、ウエストやヒップを同時に補正できるものや補正の調整できるパット、胴体すべてを補正する用具などもあります。また、胸の大きい人は帯の上に胸が乗ってしまい、着物姿に違和感が出てしまうことがあります。そのため、和装用のブラジャーや胸を小さく見せるためのブラジャーを使用することで美しく着用することが出来ます。

 

一般的には、ブラジャーは着けなくても良いとされていますが、胸の大きい人の場合は特に胸の辺りの形が崩れてしまいがちであったり、普段着用している分外すと違和感がある人などは、ブラジャーを着けた方が安心する、などといった理由で近年では着用したまま、着物を着る人も多くなっています。

 

着物を着る場合には補正用小物やブラジャー、パットを利用しよう

 

ただ、前述したように普段利用しているタイプのブラジャーではなく、補正の出来るタイプのものを利用した方が良いとされています。このような補正用小物を装着する場合には、紐で簡単に結べるものや金具で取り外しが可能なものなど、着物を着るにあたって簡単に着けることが出来るので誰でも利用できるのが特徴です。

 

補正用小物は、ほかにも補正下着や下着パット、着物補正着、着物ファンデーションなどとも呼ばれているので、購入する際にはこういった項目を探してみると探しやすいでしょう。補正用小物の素材は天然繊維のものが多いですが、夏場などには蒸れやすいと言われています。さまざまな素材の補正用小物も開発され、販売されているので、季節に合わせたものを探し、使用してみることで快適に着物を楽しむことが出来ます。

>>着物を高く買い取ってもらうには?