着物の下着

 

着物の下着は肌じゅばんとすそよけだけでいいのか

 

着物を着る上では下着が必要です。普通のブラジャーとガードルでも構いませんが、着物用ブラジャーは中にパットが入れられるのでいいです。痩せている人の場合は鎖骨の下あたりから胸にかけてパットをいれます。普通のガードルはお尻がめだつのですが、着物用のガードルはお尻をつぶすようになっています。

 

そしてすそよけを付けてから、肌じゅばんを着ます。その上にタオルをウエストにまいて、できるだけデコボコのない寸胴な体型にします。そうしないと、あちこちにシワがよったり、着崩れしたりしやすいのです。

 

着物は寸胴のややふっくらした体型の人が一番似合います。下着にパットや綿を入れて、ウエストにタオルを巻いて補正する必要もありません。最近は肌じゅばんとすそよけがひとつになったものもあります。

 

着物の下着は肌じゅばんとすそよけだけでいいのか

 

このほうが着付けも簡単です。ただし身長によって選ばないと寸足らずになったり、長すぎて引きずったりします。綿素材の方が、汗を吸って肌触りもいいですが、シワになりやすいです。背中と前身ごろだけ綿で袖と下半分はポリエステル素材のものだと、袖や裾のすべりがよく、歩きやすいでしょう。

 

 成人式や卒業式で1〜2回しか着ることがないのなら、下着のブラジャーとガードルは普通のものでもいいでしょう。寒い時期なので、長袖の白の下着とスパッツを着ておくと寒くありません。昔は起毛素材の肌じゅばんすそよけもありましたが、それを着ると厚みがでますので、すっきりしません。

 

薄手で暖かい下着のほうが暖房の中でも暑くならずにいいでしょう。気慣れない着物を着て帯を締めてただでさえ窮屈なのですから、楽な下着が1番です。足袋は昔は綿の物しかなかったのですが、最近ではポリエステルの伸縮性のある素材の物もあります。

 

そのほうがサイズをそんなにきっちり選ばずに履けるのでいいでしょう。色は白が基本ですが、小紋や紬などの場合は柄物や色物をはいてもおしゃれです。半衿と同じ色や柄もいいです。

>>着物を高く買い取ってもらうには?