着物の小物には半衿、腰紐、帯枕などがいる

 

着物の小物には半衿、腰紐、帯枕などがいる

 

着物を着る上では着物と帯だけでなく、小物が必要です。半衿とは長襦袢につける襟のことで、白が一般的ですが、刺しゅう襟や、淡い色や模様があるものもおしゃれです。ただし、喪服や留袖などきちんとした格の高い着物の時の半衿は白です。小紋や紬などの場合、遊び心で半衿だけかえてみると、雰囲気もかわり、かわいいです。

 

腰紐は長襦袢と着物を着た時に腰で縛るひもですが、今は伸縮性のあるベルトもあります。腰紐よりもそのほうが締め付け感がなくて、楽です。長襦袢と着物の両方しばるので、腰紐は2本必要です。帯枕は帯の上の膨らみをつける「おたいこ」とよばれるものです。

 

袋帯、名古屋帯、の場合は帯枕を使いますが、半幅帯の場合は使いません帯枕の膨らみは上下があり、たいていはより膨らんだ方を上にしますが、帯の締め方や年配の方の場合、逆にしたりもします。

 

着物の小物には半衿、腰紐、帯枕などがいる

 

 他の小物では、帯揚げ、帯締めがあります。帯揚げは帯枕を隠すようにつけて、帯の前で縛ります。振袖の場合はしぼりの入った派手な色の帯揚げを帯から見えるように縛ります。そのほかの着物の場合はちりめんや絞りのない絹の布で縛り、帯の中に半分ぐらいしまい、少しだけ見せるようにします。

 

帯締めは帯の真ん中を占める紐のようなものです。振袖では太めの派手な色をおしゃれに締めたりしますが、他の着物ではしばり方が決まっています。めでたい時は紐の最後の端を上から下に入れますが、喪服の時は下から上に入れます。宝石などの帯留めを帯締めの真ん中につけると、洋服のブローチのようで、とてもおしゃれにみえます。

 

 他の小物では腰紐で固定したあとに、つけるベルトもあります。襟の下の方に挟んでとめて、後ろをまわして反対の襟の下の方にはさみます。これがあると、おはしょりや衿もとがくずれにくいので浴衣の時でもつけたほうが着崩れしにくいです。

 

 他にも着物用ブラジャーやガードル、足袋、下着などが必要です。足袋は浴衣以外は必ずいりますが、下着は洋服用のものでもかまいません。寒い時は長袖のシャツにスパッツでもいいです。

>>着物を高く買い取ってもらうには?