一言で着物と言ってもさまざまな種類があるように、その帯にもさまざまな種類があります。

 

名古屋帯、丸帯、袋帯などの帯の種類について

 

初心者であっても、その種類やどんなシーンでどんなものを着用すればいいのかといった事は、しっかりと知っておいた方が良い知識だと言えます。知っておいた方が良い帯の種類は主に、名古屋帯、丸帯、袋帯の三種類です。

 

この中でも主に外出用として使われるのが、名古屋帯です。胴回りの前帯を半幅にして作られており、御太鼓と呼ばれる部分が広くなっているのが名古屋帯です。また、単の名古屋帯は袋名古屋帯と呼ばれ、簡単な仕立てになっているのが特徴です。

 

ほかにも、八寸名古屋帯とも呼ばれるものもあり、外出用以外にも普段用としても着けられるようになっています。次に知っておきたいのが丸帯ですが、これは花嫁などが着る振袖、留袖といった礼装用の帯とされています。格式が高く、唐織、つづれ織、糸錦などがあり、着用するシーンが限られていると言えます。

 

名古屋帯、丸帯、袋帯などの帯の種類について

 

また、丸帯は舞妓さんなどが着けるものとされ、重いために帯び芯を抜いて利用する人も多いです。

 

次は袋帯です。これは、縫い目のない筒状の形になっているのが特徴です。花嫁以外が着用する場合には袋帯を着ける場合が多く、締めやすいために多くのシーンで利用されます。ほかにも、さまざまな種類の帯がありますが、基本的なものはこれら三つだと言えます。

 

ただ、近年では、若い人や普段着物を着ない人であっても着やすいように、簡略化されたものや、仕立て方によっては様々な形に出来る帯なども販売されています。

 

着物と言っても、純和風だけではなく、洋風や中華風などのさまざまな国の文化や雰囲気を取り入れたものも作られているため、身に着ける小物にも変化があります。ただ、きちんとした着物の種類や歴史などの知識を理解した上で、さまざまなテイストの帯や小物を取り入れることは重要です。そうすることで、さらに魅力的に着物を着こなすことが出来ると言えるでしょう。

>>着物を高く買い取ってもらうには?