七五三で着る着物のレンタルの便利さと買取の方法

 

七五三で着る着物のレンタルの便利さと買取の方法

 

和装と呼ばれる日本の伝統文化である着物は、かつては日常的に着られているものでした。しかし、時代の流れで洋服が日本人に取り入れられ、現在では着物は結婚式、成人式、七五三などといった節目の行事でしか着られなくなってしまいました。

 

そのため、結婚式や七五三などはレンタルで済ますという人が大変多くなりました。申し込みをしたら、指定の場所と日時に届けてもらえ、着用したらクリーニングやアイロンがけは不要ですぐに送り返せば良いという手軽さが、レンタルの魅力なのです。

 

しかし、せっかくの機会だから新調したいと、購入される方も多くいらっしゃいます。

 

その後、着る機会がないということで保存に困っている方や子どものころに七五三で着た着物があるがもう着られないといった方も多いものです。

 

そのような時に便利なのが、着物買取です。しかし、実際の着物買取の価格相場というのは、なかなか知られていません。

 

現在はリサイクルショップはどこにでもあり、店舗だけでなく宅配サービスや出張サービスなどといった業者や、インターネットを利用してサイトに依頼する方法など、それそれが好きな方法で買取を行うのが一般的になりました。

 

しかし、その中でも着物の買取は値段がつきづらいと言われています。

 

レンタルで済ますという人が多く、買い手が少ないこともありますが、保存状態が良くないと評価は低いものです。普段からしっかりとお手入れがされていて、きれいな状態の物は評価も高いのです。

 

着物のお手入れは意外に大変で、放っておくとすぐに虫食いができたりカビが生えたりするものです。毎年、梅雨の時期が終わったら室内でハンガーにかけて吊るすだけでも、状態は良くなります。また、傷やシミ、素材や小紋の種類や色無地なども大きな査定ポイントとなります。

 

たくさんの買取業者が存在していますが、信頼できるお店を口コミなどを読みながらしっかり下調べをし、着物のことに詳しい査定士がいるお店を選ぶようにしましょう。

>>着物を高く買い取ってもらうには?