着物袴は、女性の大学卒業式での人気のスタイルです。

 

大学卒業式で人気の袴着物や振袖

 

学校によっては、短期大学や専門学校でも着用されることがあります。着物は目的に合わせてさまざまな種類がありますが、女性が袴を着用するシーンというのはこの時くらいしかありません。教師になった場合には学生の卒業式に着用されることもありますが、高校を卒業して就職をした女性にとっては着用するチャンスがないファッションアイテムでもあるため、せっかくの大学卒業式という機会には着用してみるといいでしょう。

 

また、大学卒業式では成人式で着用した振袖が着用されることもあります。振袖は独身女性の服装であり、結婚するまでに着るチャンスは少ないものです。親戚や友人などの結婚式に出席する場合くらいしか活躍しないため、機会がなければ成人式の一回だけしか着用しなかったということもあるものです。大学卒業式は振袖を着用するいい機会でもあり、レンタルではなく購入したのであればぜひ活躍させたいものです。

 

着物袴は、着物を着用した上に下半身を覆うようにして袴を着用するという点が一枚で着用できる振袖と違っています。振袖用着物の上に袴をはけばいいと思われがちですが、大学卒業式で利用されている袴スタイル用の着物は袖が短いために袖の長い振袖とではシルエットが大きく変わってきます。

 

上下の色や柄のバランスを考えたり、足元は草履もしくは編上げのロングブーツが合わせられることもあり、コーディネートを楽しむこともできます。ほとんどの人がレンタルを利用していますが、すでに上下の組み合わせが着物専門のスタイリストによってコーディネートされていることも多いので迷うことはありません。

 

帯や足袋、肌着類などの付属品も全てセットになっており、着付けやヘアメイク、記念写真撮影などがセットになったお得なプランも用意されています。大学の卒業式の日はだいたい同じになるので、気に入った袴は早めに予約を入れるといいでしょう。

>>着物を高く買い取ってもらうには?