入学式に参加するママは他の保護者の装いを参考にした着物の選び方をすると良い

 

入学式に参加するママは他の保護者の装いを参考にした着物の選び方をすると良い

 

生まれて初めて子供の入学式に参加するというママは、ついついはりきって派手な目立つ着物等を着て出席してしまいがちになるものです。もちろん子供の晴れ舞台ですので、ついつい嬉しくなってしまう気持ちは十分に分かるというものです。しかしそれではまずいのです。入学式に生まれて初めて参加するというママは、他の保護者の装いをも参考にした着物の選び方をした方が良いのです。

 

例えば他の保護者の方の普段の装いがいずれもそれ程派手ではないという場合、入学式当日に着る着物についても、派手なデザインの物ではない方が良いと言えるでしょう。一人よがりな選び方をしてはいけないのです。もしもあくまでも我が道を行くという頑固な考え方で、一人よがりの選び方をして奇抜な着物を着て入学式に参加した場合、そのママは保護者達から仲間はずれにされてしまうことだってあるのです。日本人というのは、とにかく自分達とは異なる異質な存在を避けてしまうものです。

 

なので他の保護者達が皆普段から大人しめの服装を着ているということが分かっているのに、自分だけ派手な着物を着て入学式に参加してはいけないのです。あくまでも協調性と和を重んじるようにしなければ、良いママ友付き合いというのは出来ないものなのです。

 

それではどのような着物を着て入学式に参加するのがベストなのでしょうか。それはとにかく、一般的なありふれたデザインの物を着て参加するということです。何万円も何十万円もするような煌びやかな着物を、これ見よがしに着てはいけないのです。まるで他の保護者達に自慢しているように見えるからです。

 

とにかくなるべくありふれたシンプルで無難なデザインの物を着るようにすることを心がけましょう。そうすれば他の保護者達から暖かく迎えられ、仲間はずれにされてしまうこともないのです。もしどうしても派手な着物を着たいと思っているのであれば、入学式以外のプライベートで着れば十分なのです。

>>着物を高く買い取ってもらうには?