中古の着物がドレスや洋服、小物へとリメイクされる

 

中古の着物がドレスや洋服、小物へとリメイクされる

 

買取に出された着物の多くは中古として販売される事が多いのですが、中には中古としての販売基準に満たないような着物も存在します。そのような着物はリメイクの為の素材として利用される事があるのです。

 

リメイク後は様々な形へと変貌するのですが、例えばウェディングドレスとして生まれ変わる事があります。ウェディングドレスと言えば洋風のデザインが定番ですが、しかしながら近年はもっと個性的なドレスで結婚式に臨みたいというニーズも少なくありません。一生の思い出として残るイベントですので、記念になるようなデザインを好む方も珍しくありませんが、そのような時に最適なのが着物の柄を活かしたウェディングドレスです。洋風のドレスの型でありつつも、着物の和風テイスト溢れるデザインとなっていますので、通常とは一線を画すデザインを楽しむ事ができるとして人気があります。

 

洋服にリメイクされる事もありますが、リメイクされる洋服のジャンルは様々です。Tシャツやワンピース、アロハシャツだったり、ショートパンツやスカートなどにも変貌する事があります。そしてこういったアイテムは日本人だけでなく外国人からも人気があるようです。近年は日本に来る外国人が増えていると言われていますし、そして日本文化に興味を持って来日される外国人も少なくありません。日本を象徴する物と言えば着物が有名となっていますし、着物とは違って気軽に楽しむ事ができる洋服を購入される外国人もいるようです。

 

他にも中古の着物が小物のリメイク素材として利用される事もありますが、小物の種類も様々です。バッグの外張りや内張りになったり、クシの装飾として活用したり、扇子の素材として用いられる事もあります。こういった小物も外国人から人気ですし、日本の方でもファッションのワンポイントとして利用される方もいるようです。
気軽に和のテイストを味わえますし、日本の良さを顧みて楽しむ為にも意義の存在なのではないでしょうか。

>>着物を高く買い取ってもらうには?